家具の素材

家具の素材と生活の質

家具を選ぶ際、最も重視するのはその機能という場合がほとんどかもしれません。
しかし、機能も重要ですがその素材も、長くその家具と暮らしていく上では、生活の質に大きくかかわってくるものです。
例えば、ダイニングテーブルを選ぶ場合、クールな印象のガラス製にするのか、または、ナチュラルな印象の木製のものにするかは、毎日を共に過ごす重要な家具だけにその後の暮らしに大きな影響を与えるものです。
インテリア全体の印象を決めるだけでなく、触れた時の感触、食器を置いたときのコツンといった音の質までも、小さいことのようで、その人の心理状態に大きな影響を与えるものです。
そして、木製のものを選ぶといって、素材のバリエーションは数多く存在します。
木材自体の違いだけでも、色々ですが、その仕上げもつややかまものからマットなものまで様々です。
どんな色味、どんな素材が自分にマッチしているか、根気よくさがしてまわる時間も楽しく、最高に好みのものに出会った時の喜びと使用感はすばらしいものです。

家具の素材で印象が変わる

家具を選ぶ際に素材にも意識することによって空間の印象が変わります。
木材なら暖かい・自然、プラスチック系なら近未来的・チープ、金属なら重量感・冷たさ、等です。
勿論各々の色調によっても出せる印象はあると思います(例:オレンジ色のプラスチック・白く塗装した金属等、大分元々の材質よりも印象が変わる)、でも元々の素材の持つ印象というものは大きいです。
元から木材の木目テーブルと木目塗装をしたプラスチックではパッと見はともかく、やはり実際に触れた時の感じがかなり変わります。
なのでまず家具を新たに置く場合自分の目指したいイメージをしっかりと浮かべ、それに合わせてデザインや機能性等は勿論ですが、その上で素材にも意識を向けて選ぶとよりイメージ通りの空間に近づく事ができるでしょう。
自然で温もりのある様な空間を作りたい場合は木材等、全体的に軽いイメージにしたい場合はプラスチック、都会的なイメージが欲しい際には金属の家具を選ぶと良いでしょう。

Favorite

Last update:2018/7/6

『家具 素材』 最新ツイート

@kaimboki

【直接材料費】・・・買った時に何用に使うかハッキリわかる 1主要材料費(素材費、原料費) 家具の木材、車の剛板、加工食品の主要原材料(小麦粉・米) 2買入部品費 衣類のファスナーやボタン、自動車の計器類やタイヤ、部品

37分前 - 2018年07月20日


@M_game__

家具が追加されて かわいい欲しい!って ものすごい思うんだけど やる気が… :;(∩´﹏`∩);:💦 素材が採取じゃなくて ドロップ入手なら やる気でるのに……。

1時間前 - 2018年07月20日


@cinema_ga

瓦やタイル、ガラスやコンクリート、家具の木の種類、食器や照明、本棚に並んだ書籍…家の構造だけでなく質感まで描かれた素材たちと、4歳の子供の身体のバランスや動きについては、絵の丁寧さという面で素晴らしいお仕事を拝見させて頂きました。 https://t.co/v8ZDabfZiP

3時間前 - 2018年07月20日